ネットワークのサービスポイント

ランルータの探し方は、繋げる端末や、住居の仕組みなどにより変動します。正常に交信を行うにはエネルギー波の強弱が大事です。自宅でルータを付ける場合は、付加した部屋から最も遠い場所にパソコンを置いて、タスクの無線LANアイコンをクリックし、エネルギー波の強さを確かめます。マイクロ回線が弱い場合は、エネルギー波干渉に強い11n/a/b/g対応を選択します。ルータを選ぶウィークポイントは無線LAN規格、最大通信速度、ハイパワーの3つです。

その中でも特に速度は互いのワイヤレスラン機能にもの凄く影響受けます。高速無線LAN規格にマッチした親機を買っても、子機の速度が遅延すれば親機のパフォーマンスは発揮できないでしょう。通信速度を強めるには子機の通信スピードも大切になります。

使うにあたって、無線LANアクセスポイントを設定する際、初期から絶対に変更しましょう。接続iDとは、無線LANにおけるコンピューターネットワークの識別子の意味です。

無線LANは有線LANと違って幾らかのネットワークと伝達が出来て、混信が生じる時があります。それをおさえる為、ESSIDがフィットする端末としか通信しないようすることが見込めます。変える時は機種やユーザーが特定されないものにしましょう。ワイヤレスランの暗号化には、WPA2-PSK等によりより強い行為符号化方式を使って認証の際に設定する文字は21文字未満は推奨します。この機能を使用すれば、ネットワークのサービスポイントを他の人に利用される恐れはなにもしないよりは軽減されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です