さまざまな素材のワッペン。ロゴマークのイメージに合わせて選択可能

ワッペンと聞くと、テーラードジャケットなどの胸ポケットにロゴマークが刺繍されたものを想像する方が多いのではないでしょうか。実は、皮革製品や光沢のあるデザインなど、さまざまな素材のワッペンがあるのです。多くの企業やグループがロゴマークのイメージにあった素材でワッペンを作成しています。いつのまにか進化を遂げていたワッペンに、どんなものがあるのかをご紹介します。

ワッペンは、実にさまざまなものが出回っています。その素材の持つ風合いや、プリントや刺繍などの技術によって、それぞれ独特の味わいのあるワッペンの作成が可能となっています。作成する業者によって多少の違いはありますが、刺繍、レピア、樹脂含浸パルプ、シリコン、PVC、ポリウレタン、本革、合成皮革、高周波など多くの種類があります。

刺繍ワッペンはフェルトなどの厚みのある布地に刺繍ミシンでロゴを作成しています。あまり細かい文字や模様には不向きです。デザインにもよりますが王室の紋章のような格調高いイメージがあるものも多いです。糸による刺繍のほか、スパンコールを刺繍することもあります。

糸で織りこんで作成するレピアワッペンは、刺繍のワッペンとは違って、布地などに直接プリントしたものに、裏地を張り、型抜きなどを行い、ワッペン形状になっているものです。刺繍に比べると細かい模様や文字、小さなサイズのワッペンも明瞭に表現しやすくなっています。刺繍ワッペンに比べてシンプルで軽やかなイメージに仕上がりやすいでしょう。

樹脂含浸パルプワッペンは、デニムの後ポケットやベルト通し部分などについているラベルのに多く使われ、ヒップパッチとも呼ばれます。カジュアルな印象に仕上がり、経年によって雰囲気が出てきます。プリント作成なので、細かい模様や文字を表現することが可能です。

シリコン、PVC、ポリウレタン素材のワッペンは、水に強く、アウトドアやスポーツ系のアイテムによく使用されるワッペンです。透明、半透明、不透明などのデザインを作ることができます。ブランドタグのほか、アクセサリーやファスナー引き手などにもぴったりです。

本革、合成皮革ワッペンは、本革または合成皮革に焼き付けや型押しして作られます。本革は革の種類もさまざまで、皮のひとつひとつに個性があり、モノによって色むら、傷などがありますが、独自の雰囲気を出すことができます。

高周波ワッペンは、金属のような表現ができるワッペンです。高級感のあるシルバーやゴールド等のメタリックのほか、マットな質感が出せるので、洗練されたシャープなイメージのロゴにピッタリです。立体的にも、ホログラム調フィルムのように作ることもできます。車の外装や自転車のフレームなどに貼るステッカーやエンブレム、布地に縫製できるタイプなど用途も幅広く使用することが可能です。

以上のように、さまざまな素材でできたワッペンがあります。かっこいいロゴマークは、企業のイメージが人の記憶に残りやすいといった効果があります。ピッタリのワッペンを作り、ノベルティなどで配布すれば販売促進につながりやすいでしょう。