まずは耐震強度をはかりましょう

Q.一戸建てに住んでいますが、そろそろ改装しようと思いますが、耐震補強について教えて下さい?

A.今から30年前の1981年前に建てた家は耐震補強が完全になっていない建物が多いので耐震診断を受け耐震強度を調べる方がいいと思います。耐震補強をしたい時は二通りの方法があります。一つ目は免震構造ですが、この構造は地震に対する揺れを直接揺れを伝えないようななりますが、料金が掛かるのでリフォームの場合は二つ目の耐震構造がいいでしょう。

耐震構造の場合は二階の揺れを抑えられますが出来るようですが一階の揺れを軽減出来ませんので家具を固定しなければ必要となります。耐震構造は大きな地震の損傷を軽減できる役割なので確認してから作り直した方がいいのではないでしょうか。

Q.外側を直そうと思いますが、塗装されている外側のペンキの塗り替えるタイミングはいつですか?

A.一般的に言われるのが概ね10年間で塗装しなきゃいけないと伝えられています。但し塗料の多さによって違ってフッ素樹脂塗料の耐えられる年数は15年前後から20年でシリコン樹脂は8年前後から15年までとなるので塗るリフォームをやりたければ、その辺りの年数を目安に塗装し直せばいいと思います。

それ以上年数が経つと塗装が色が変色したり、剥がれたり、錆が出てきたりしてしまうので注意が必要です。塗装工事塗りなおす場合は工事内容にもよりますが、2週間から3週間となっているのでそこまで工事の日数が掛かりませんので手軽に塗り替える事が行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です