選択できますが壁の色に合わせましょう

Q.新たに瓦の屋根を直そうと思っていますが、瓦の色や見た目は選べるのですか? A.何通りもありますので瓦の色やデザインを選択出来る事は自由です。しかしながら外側の素材など色など家のバランスを考えて決定した方がいいでしょう。 (more…)

Read more

比較する際は最低3社に見積もりを

Q.改装しようと考えていますが、見積もりの比較をする方法はありますか? A.直したい場所の見積もりを書いてもらいます。気を付けてほしいのは一社だけでは無く最低でも3社を目安にし見積もりを出してもらい3社の中から料金が掛からない業者を選べは作り直した方が料金は安くなります。 ただ工事内容の優秀者やサービス内容までは分かりづらいので、だからと言って見積書が安めの方がいいとは限りません。その為見積書以外に料金が別途掛かるか、確認しといた方がいいのではないでしょうか。 (more…)

Read more

まずは耐震強度をはかりましょう

Q.一戸建てに住んでいますが、そろそろ改装しようと思いますが、耐震補強について教えて下さい? A.今から30年前の1981年前に建てた家は耐震補強が完全になっていない建物が多いので耐震診断を受け耐震強度を調べる方がいいと思います。耐震補強をしたい時は二通りの方法があります。一つ目は免震構造ですが、この構造は地震に対する揺れを直接揺れを伝えないようななりますが、料金が掛かるのでリフォームの場合は二つ目の耐震構造がいいでしょう。 (more…)

Read more

建蔽率等の規制に違反する物件

不動産の投資において気を付けてほしいのが、改築している物件になります。今使用中の家を増改築するという投資方法に際しては、建蔽率等の規制に違反する物件になっているというケースがあります。入居し、使用している時には問題は有りませんが売る時に売却すること自体が難しくなることもあります。増改築をする業者は制限に違反している時でも工事してしまう事が多いので、自分で不動産の鑑定士等の専門知識のある方に増改築の完成予定図面などを見てもらい、違反していないかを調査してもらうと良いでしょう。 (more…)

Read more

現金一括購入ならではの買い方も存在

不動産投資の際に、ローンを組む人が多いですが、中には現金資産が多く一括で購入する方も居ます。不動産は高額なため、ローン購入しない場合は利息がなく、多くの利益を得る事ができますが、現金一括購入ならではの買い方も存在します。 その一つとして、建築違反物件は購入する際にローン審査に通らず、つまりは現金一括払いでしか購入できません。 (more…)

Read more

売ることが困難になってしまう事もある

不動産の投資で注意してほしいのが、増改築をしている物件になります。自己所有の不動産を増改築するという投資に際しては、日影制限などの規制に違反してしまう物件になるというケースが多く起こります。 実際に居住し、使っている際には問題がありませんが売却の際に、売ることが困難になってしまう事もあります。 (more…)

Read more

大雑把に分けると3つの種類になる

比較的最後に回る傾向にある屋根のリフォームですが、家の耐用年数を決める大事なリフォームの1つだと言えます。屋根のリフォームは大雑把に分けると3つの種類になるのです。 1つ目の方法は、屋根の塗装の塗り替えです。屋根材や下地がもろくなっていない時は、塗り直しだけで十分でしょう。 (more…)

Read more

電気料金値引制度もある

各々のお宅をオール電化にリフォームするよい点はどういう箇所だと考えますか。日頃は空気が汚れない、電気料金が低くすむなどがあると思います。その点以外にもほとんど承知されていないのですが、火災用保障にオール電化だけの利益特典が用意されています。この特典割引は新築だけではなく、リフォームにも適用になるのです。ところで、エコキュートに関しても助成が払われます。 (more…)

Read more

地元リフォーム業者

今畳張りの部屋を洋室にリフォームを施行したいという思いをしばしば聞きます。 洋室にリフォームする良い所はどのような所だと予測しますか。 1つ目は、日々掃除が簡単になるということです。畳床にしばしば見られるアオカビなどの現状も解決されました。 (more…)

Read more